実力をつける

先行きの明るい話をなかなか耳にすることができない、不況の時代である。
増税・給与カット・・・不景気な話題ならば事欠かない悲しい現代である。
相談占いでさえビジネスと化してしまう。

あおいろ行政書士事務所のホームページ こんな時代に、起業独立・会社設立しよう!という
熱い志の人が一体どれぐらいいるのか、とお叱りを受けそうである。

しかし、この不況を生き抜く為には、今までのように企業におんぶに抱っこでは決して勝ち組にはなれない。
ただお給料をもらうという生活から、自分で稼ぐというスタイルにシフトしていかなければならないのだ。
そうでなければ、一生給料は上がらず、生活の水準は下手すると下がり続けることになるかもしれない。
それでなくても、この不況。
一生働き続けられるという保証さえないのである。

いつ首を切られるかわからない。 いつ会社が潰れてしまうかわからない。
そんな不確定な時代なのである。
この不況の時代に豊かな暮らしを実現するためには、副業だっていい。

たとえば我々がこの前立ち上げた オリジナルデザインのぼり価格
こちらのウェブサイトは価格で勝負だけれどもなにかしらの特徴があり、
あなただけのビジネスを立ち上げる必要があるのではないだろうか。

決してサラリーだけでは豊かになれないと全ての人が気付いているといってもいい現代。
何が豊かだと感じるかは人それぞれだけど、経済的なゆとりは心のゆとりを生みます。
だとしたら、そのゆとりを手に入れるために、何か始めるべきではないだろうか。

今の若者はなかなか夫婦でも一人の給料で生活していくのも大変ということも多い。
格差もどんどん広がっている。
誰かに頼ってもこの状況ならば、自分で道を切り開いても良いと思う。

成功するために

反対に言えばこれだけの可能性が広がっているネット社会において
自分でもできそうなビジネスチャンスに目を向けないということは
それだけで損をしていると言っても過言ではない。

何が受けるか分からない今の時代、何でも良いから可能性に目を向けて
ウェブビジネスにもチャレンジしてみることが大切なのである。

チャレンジこそが成功を生むとしたら、この不景気を手をこまねいてみているよりも、
何らかのアクションを起こしてみてはどうだろうか。
ネットなどのツールが発展した現代だからこそできる起業独立・会社設立を初めてみようではないか。

不景気だ、なんだとはいえ、チャンスはまだあちこちに隠れているのだから。
まずは落ち着いてあちこち見まわしてみよう。
必ずあるはずだ。

私がおススメするサイトマップキャンペーンをのぼりでアピール

■のぼり旗の極意とは

条例   メリット   節税目的   商号   資金準備

 

 

 

 

不況を生き抜く起業独立(会社設立)の方法

c by こんな時代だからこそ会社設立(起業独立)してやる