守らなければならない条例

時代の進化、グローバル化が進むにつれ、会社の設立の情景も年々変化を見せております。
特に近年目立つのが、10代からの起業家がかなり増えているということです。
それだけ起業というものが若い人にとっても身近になり、また非常に始めやすい環境に
変わってきているということがわかります。

始める

そういった傾向は、京都府でも同様に見られるようです。
会社設立は、土地によってそれぞれのルールが違います。

会社設立場所を京都府にすると、ケースによっては条例の規定に注意しなければなりません。
例えば、会社設立時に京都市内に自社ビルを建てようとしているのであれば、市の景観に関する
条例の規定を遵守しなければなりません。

会社を設立する

歴史のある建築物や重要文化財が多数存在する京都市では、景観を守る目的で
建築物の用途や高さ、敷地面積などについて制限を設けており、
違反をすると罰金に処させることになっています。

この制限は地区ごとに異なっているため、会社設立時にビルを建てる際には
建物の規制内容について建設業者とよく相談する必要があります。

また、まったく新しいタイプの事業を行うための会社を設立する際には、
府の中小企業応援条例に基づく認定制度の対象となることがあり、
応募して採択されれば不動産取得税の軽減を受けられたり、必要な資金の融資を
低金利で受けることができるなど、様々な特典をうけられます。

しかし、認定を受けた場合は府で定めた規定に基づいて様々な義務が課せられ、
これを怠ると認定が取り消されて融資を受けたお金の返済を求められたりするので、
よく検討した上で応募するようにしましょう。

 

条例   メリット   節税目的   商号   資金準備

BACK