京都で節税目的で会社を設立するには

京都で個人で事業を行っている人は、日本の税制度の仕組みをうまく利用することで、
会社設立を節税を達成するための手段として用いることができ、実際に試みている人も少なくありません。

なぜ京都の個人事業主が会社設立をすることが節税目的にかなうのかというと、まず法人をつくると、
社員や役員に支払う報酬を経費として算入することが可能となり、人数が多ければ多いほど経費が大きくなって、
法人の所得金額が少なくなります。

法人の所得の抑制は、法人税、法人住民税、事業税の節税につながります。
また、個人事業主が自ら役員となっていれば、役員報酬に給与所得控除を適用させることで、
合法的に自らが納めなければならない所得税や住民税の税額を減らすことができます。

上手く利用する

そして、つくった法人に配偶者や子供を社員や役員として加えると、報酬を支払うという形で
自分が持つ財産を親族に分け与えることができるようになります。

通常は本人から親族に財産を分け与えると、親族は贈与税を納めなければならなくなりますが、
このケースでは労働の対価として金銭を渡していることになるため、親族の間の授受であっても
贈与税の対象外となります。

重要となる知識

また、将来亡くなった時に相続財産となりうる財産の額を減らすことができるため、
親族にとっては相続税の節税にもつなげることができます。

こういった会社を利用した節税の方法は、状況によっても様々です。
あらかじめ十分に勉強しておくことももちろん大切ですが、信頼できる相談相手を見つけておくと
より安心して、確実に手続きを進めていくことができるでしょう。

京都では会社設立における知識などをサポートしてくれる機関も多く存在しますから、
できるだけ多くの機関に相談した上で、信頼できる情報を集めておくと良いでしょう。

 

条例   メリット   節税目的   商号   資金準備

BACK