副業としても、これから芯のビジネスとして起業するにしても、ウェブビジネスは
まだまだビジネスチャンスの眠っている業界だといってもよい。

複数の道


ウェブを介したビジネスのブームは既にひと段落している。
あらゆるサービスや商品がウェブ上に溢れている。
だがそれでもまだウェブ上にはビジネスのチャンスはあると私は見ている。


しかし残念ながら、ウェブビジネスを立ち上げる全ての起業家が儲かっているわけではない。
それならば、先人達の失敗から学ぶことは多いはずである。
そもそもウェブビジネスの利点とは、これまで不可欠だと考えられていたような分野のコスト削減。

代表的なものが事務所や倉庫を持つ経費である。

また、地域や国を乗り越えて顧客を獲得できるという点である。
特にいままで 地域に固定されていた顧客を一気に拡大することができるのは大きな魅力である。

また、現在携帯販売台数1億台を突破したともいわれ、
スマートフォンの普及からネットの利用が完全に日常のものとなった。

それにより、利用者の層が以前の若年層からぐっと広がったことも、顧客の拡大に繋がっているであろう。
現在ではウェブを通じて物を売買したり、やり取りすることに抵抗を感じる人が非常に少なくなった。
こうした点でウェブビジネスは広がりを見せているのである。

慎重に進めていく

深夜にネットサーフィンしているとついつい買い物してしまうのは何なのか?
眠気で判断力が鈍るのか、変なアドレナリンが出るのか。
何にせよ、夜のネットショッピングでは散在してしまうこれ、あるあるではないでしょうか?

最近ではネットへの依存が更に問題として取り上げられているように
それだけ意識をしようとしてもなかなか離れられないのがウェブの怖いところでもあり
ビジネスにおいてはこの上ないチャンスとも言えるのである。

海外からの顧客も取り入れやすくなっているこのネットでのビジネスは
今後更に広がっていくと考えておいて良いだろう。

 

条例   メリット   節税目的   商号   資金準備

 

 

 

 

不況を生き抜く起業独立(会社設立)の方法

c by こんな時代だからこそ会社設立(起業独立)してやる